噛む 子犬

いぬのしつけほうほう


犬のしつけ方法について、我が家の柴ワンしつけ体験談を、詳しく紹介します。

子犬が噛んでいるのですが・・・

子犬の噛んでる姿って可愛いですよね。
思わず見とれてしまいますよね〜。

 

でも、その噛み癖本当にそのままでいいのでしょうか?

 

子犬のうちは何をしても可愛くて、愛らしいので、噛んでいてもついつい許してしまいますよね。
でもその噛み癖は、子犬のうちに直しておかなくてはいけないのです。

 

そのまま放っておくと、犬が成長してからとても困ります。
成犬になって、そのままの力で噛めば、人はケガをしたり、物は壊れてしまいます。

 

そして、成犬になってからでは、しつけをするのがとても大変で根気が必要なんです。
できれば子犬のうちにしつけておきましょう。

 

では、なぜ子犬は噛むのでしょうか?
子犬のうちは力も弱いので、「甘噛み」といわれています。

 

まずは成長によって歯が生えてきます。
次第に歯がかゆくなります。

 

それでものを噛むようになるのです。

 

ここで、飼い主には噛んではいけない、ということを教えなくてはいけません。
その時に噛んでいいものは何かも教えます。

 

たとえば、おもちゃやタオルなど噛んでいいものを用意します。
タオルのひっぱりっこもとてもいいです。

 

遊びながら、噛むこともできるので、犬との信頼関係も築けますね。

 

よく噛み癖のしつけで、「いけない」ということだけを教えている飼い主さんがいますが、
「噛んでいいもの」も同時に教えるようにしてくださいね。

 

 

>> 犬のしつけ方法って、どれがいいの?【私でも、簡単に出来た方法】をご紹介